« 生命保険物語=第14話= | トップページ | 生命保険物語=第16話= »

生命保険物語=第15話=

=第15話=  これが「生命保険会社の招待旅行」?!

 350名もの大宴会となると、乾杯が終わるともう会場は戦乱の地みたいに人が入り乱れて大騒動。25人くらいの席が差し向かいで1列50人くらい舞台から7列も並んでいる。セーヌセンターから入賞した5人は金満部長と並んで2列目の舞台寄りにいたんだけど、中央の2列には100人くらいなんだけど若い男性ばかりが座っていた。少し異様。

 実は、宮崎支社長が品川支社に赴任してきた時は、男性は300人のうちの20数人しかいなかったらしいの。ところが支社長の号令で男性を中心に採用し始めて今では200名にもなり、そのほとんどが今度新設される目黒支社へ転属するという。今日の招待旅行は、品川支社での旅行招待の最後だという。

 しばらくすると嬌声やら怒声やらもううるさいったらありゃしないけど、その男性の中の誰かが「無礼講」と叫ぶと同時に一段と声高になるみたい。その内、ビール瓶やとっくりをもった男性が会場内をうろつき始めたの。わたしたちは小声で隣りどうしでお膳の料理を食べていたんだけど、もう声がかき消されてビールの酔いも手伝って30分もたった頃は結構大声で話していたの。

 「わかばさん、おめでとうございます。」
 と後ろからビールをもつ手が伸びてき、見ると若井支部長で、どうやらその男性部隊の出身らしい。とぎれとぎれに聞こえる話は、宮崎支社長のおかげで営業マンから支部を任される支部長に抜擢されたらしい。話をする最中にも「若井支部長さん、どうぞ」と後ろの男性が入れ替わり立ち替わりビールを注ぎに来る。中には、わたしやセーヌセンターのメンバーにも注ごうとする”輩”もいるの。

 その内、若井支部長を数人が囲んで「頂きます!」とか「感謝しています!」とか「今、僕があるのは若井支部長のおかげです!」などと、体育会系の雰囲気。これが”招待旅行”と、戸惑っていると、目の前に人御輿の宮崎取締役がビールを片手にあぐらをかいてきたの。それに気付いた若井支部長ははだけた浴衣を揃え、正座をしてうやうやしくお酌をしたの。
「おい、若井、調子良いようじゃないか。」
「いえいえ、まだまだです。」
「しかし、おまえも偉くなったなあ。俺に酌をさせに来るんだから」
 若井支部長の酔いがサッと覚めたように俯いている。輪を作っていた数人の男性も若井支部長に習い向きを宮崎取締役にむき直り、緊張気味の様子。
 後で強引さんに聞いたんだけど、どうやらセーヌセンターのメンバーのところ、特にわたしのところに若井支部長が来て話をしていることが、金満部長の気にさわったらしい。金満部長に耳打ちされた宮崎取締役がその後やってきたという。

「わかばさん?かね。久しぶりだねえ。」
エッエー、あの夜のぶつかったこと覚えていたのかしら。
「頑張ってるねえ。部長が偉い褒めてたよ。」
「い、いエッ、あのときは失礼しました。」
 もちろん、周囲はきょとんとしている。なぜわたしが宮崎取締役を知っているのか。

 そんなとき、急に宴会場が薄暗くなったの。
 司会がマイクを取って、
 「さあ、今日は品川支社最後の旅行です。そこで皆さんに特に目黒支社に行かれる将来の平成生命を背負ってたつ男性諸君に目の保養をしていただきます。あっ、もちろん女性の方も大歓迎で~す」

 そっ、そんな馬鹿な!わたしも酔ってはいたけどそれから繰り広げられた舞台の出来事は・・・。和服を着た女性が2人スポットライトを浴びながら左右の部隊の端から登場したの。まさか・・・。

● 次回を読みたい方はクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/link.php?229523">人気blogランキングへ</A> 

 

 

|

« 生命保険物語=第14話= | トップページ | 生命保険物語=第16話= »

「保険」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事