« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

■生命保険物語■=第22話=

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
● 保険評論家・大地一成の保険情報ネット配信中! 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ HP「生・損保の真実」→ http://homepage2.nifty.com/i_daichi/  
■ 『ブログ・かわら版』→ http://blog.goo.ne.jp/daichi2--6/   
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■  <生命保険物語=第22話=>■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 セーヌセンターへ帰るないなや、金満部長にことのいきさつを報告すると、
「じゃあ、明日は支社の赤顔法人部長に一緒に行ってもらいましょう」
 ということで、どうやらわたしたちはその部長に付いていくだけでいいらしい。

「えーと、すると現在役員の方が3名、社員の方が6名・・・ですか?」
 昨日は、確か全員で11名いると言っていたけど。
「そうですか。あとの2名はアルバイトなんですねえ」
「そう、そうなのよ。それではダメ?」
 雰囲気は、みのもんたのクイズ番組状態で、美人専務は赤顔部長をのぞき込んでいる。
「分かりました。何とかしましょう。」
 確か「団体定期」は、ちゃんと働いている正社員が対象のはずだけど・・・どうするのかしら。

「えーと、この書類に印鑑とあとは11名で各300万円ずつの保障金額で毎月12,550円です。」
「アー、よかった。これで来月安心して社員旅行に行けるわ」
 急に決まった「団体定期保険」だったので、その加入理由を聞きたいとは思っていたけど余計なことを聞いてそれで契約がキャンセルになるのでは元も子もないので、ちゃんと書類が済むのを待っていたの。
 どうやら、同じビルの他の会社で社員旅行に行ったら、旅行先の事故で若い方が一人亡くなったらしい。ところが、崖から落ちたことが原因のため会社として何らかの弔慰金を払うことになったけど、何も保険に入っていなかったらしいの。就業規則も市販のもので間に合わせていたので、とてもちゃんとした退職金規程もなく、そのための資金の蓄えも会社になかったために、何とか200万円を工面して払ったらしい。

「なるほど、そうだったんですか。で、その会社はどうされたんですか?」
「どこかの保険会社に入ったらしいけどそれが保険料が安くて済むこの団体定期だったのよ」
 と、そこに50歳代の女性が入ってきた。
「あっ、この会社よ。」
 偶然にも団体定期保険に入ってないで大変な思いをした、田中工業の社長の奥さんが来たの。
「あら、保険屋さん。まさか、飛んでも発憤生命ではないわよねえ」
「いえ、平成生命です」
「なら、いいわ。奥さん、あそこだけは止めた方がいいわよ」
「どうされたんですか」
 赤顔部長が聞くと、
「いえね、今月1人辞めてしまうので、その連絡をしたら、これから6ヶ月以内に補充ができないと団体定期保険は自然解約になります、って電話口で冷たく言うのよ。これって腹たつじゃあな~い」
 ここまで黙って聞いていた赤顔部長が、
「それは、酷い話ですねえ。」
 と、早速田中工業に行き、団体定期の説明を始めたの。
 そして1時間もしない内に、もう1件の団体定期保険を契約してきたの。
 どうやったのかしら・・・。

 ● 次回も読みたい方は幸運を呼ぶクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/rank1524-0.html>人気blogランキングへ</A>

    

■  <生命保険物語=第23話=>■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いやあ、わかばさん、ありがとう。」
赤顔部長がお酌をしてくれる・・・。
「でも、わかばさん、クリーンヒットねえ。おめでとう。」
金満部長も褒める・・・。
どうやら、「団体定期保険」が2件決まったことが余程良いことらしい。
「でも、部長さんが一緒でなかったら、とても契約にまでは・・・」
「いやいや、あそこまで段取りが出来ていれば、もう後は事務処理だけだから。」

「これで、支社もよかったですねえ。」
「ほんとに、そうなんですよ。私の首もつながったし。」
「そんな、冗談を。」

何かわたしには意味不明の金満部長と赤顔部長の会話が続く。
「ところで、部長さん、あの田中工業さんの人数の件、どうされたんですか。」
どうしても解せない質問を少し酔いが回ったことも手伝ってしてみたの。
「ウーン、種明かしかあ。まあ、しゃあないなあ。」

 赤顔部長が渋々教えた9人を10人にしたカラクリとは、こうだったの。
確かに、田中工業には9人しか「団体定期保険」に入れる資格者はいない。しかし、その資格が該当するかしないかの証拠は当時の「団体定期保険の書類」には一切不要だったの。つまり、この人たちが「加入条件に合致しています」とする名簿を添付すれば事務処理上フリーパスだというの。
 そこで、窮余の一策として「田中工業の担当税理士」の名前を付け加えて10名にしたという。名前の通り赤ら顔をさらに真っ赤にした赤顔部長は、続ける。
「うーん、難しく言うと税理士は該当者にはならないんだけど、まあ、生活の知恵かなあ。」
 とにかく新規で団体定期で成立させるには、「10名」いなければ手のつけようがない、だから「知恵」を使った、ということらしい。さらに、
「時効だから言えるけど、以前は飼い猫のタマちゃんや番犬のタロウクンが立派な従業員という時代もあったけどねえ。」
「えっ?ネコやイヌが従業員、ですかあ?」
「しかも、年齢を若くしてその会社の平均年齢を下げる・・・すると、70歳の会長さんも少ない保険料で加入できる・・・。あっ、こんなことここだけの話だよ。」

 よく意味は飲み込めなかったけど、かなりインチキなことがまかり通って来たらしいことだけは分かった。
「じゃあ、あのアルバイトというのも・・・」
「アルバイトじゃあ、もう丸、丸、二重丸!」
 と、両手で大きな輪を作る。
「ふーん、そんなもんなんだぁ。」
「もちろん、窮余の一策ですよ。」
 金満部長がまあまあと赤顔部長を遮るように言葉を挟む。

「しかしねえ。わかばさん、この2件は嬉しいよ。」
 余程、嬉しかったらしい。でもなぜ?もちろんこの時は赤顔部長を「いい加減な部長」と思っていたんだけど、大手生保のサラリーマンの性を招待旅行から帰ってきてから偶然にも聞かされることになったの。

[注意]「団体定期保険」についての加入条件等は当時とは異なっていますので、混同されないようにして下さい。なお、昭和末頃までの「団体定期保険」の加入チェックは、タマちゃんやタロウクンを従業員にしたかどうかは分かりませんがその確たるチェック機能がなかったため、かなりアバウトな加入が可能でした。

● 別ブログの「大地一成のブログ・かわら版」(http://blog.goo.ne.jp/daichi2--6/e/8a39f1c26c238c94ce07702c0579865b)の3月2日と3日書いた「団体定期に関する裁判」についても今後の展開を参考にすることをお薦めします。 

 ● 最近はクリック数が低迷しています。書き込む力をいただくためにもクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/rank1524-0.html>人気blogランキングへ</A>

    

 

| | コメント (0)

生命保険物語=第20話=

■ 「旅行招待」のウラには本社から経費が・・・!

 生命保険会社の招待旅行となると、大型バスを何台も連ねて文字通り「○○生命御一行様」となる。そりゃあ、旅行業者からすると実に有り難いお客様でシーズンになるとどこのホテルでも引く手あまたで旅行業者としては笑いが止まらない。

 とにかくこれだけ利益率が高い団体さんはそう他にはない。ホテルの単価は値切れるししかも大概の場合、保険会社の主催者は○○支社というのがほとんどだから、旅行交渉の相手は素人。もちろん「言い値」でとはいかないにしても、少し工夫をすると「良い親切な旅行業者」というお墨付きを貰える。当然のことながら盆暮れのお届け物を支社長と支社長代理にちゃんとしておけば、年に3回は使ってくれる。

 ホテル側にしても、こんなにオイシイお客はいない。一般のお客だと「一泊2食付き」で、2人で4万円なら、50組が泊まっても200万円程度。しかも余程のお客でない限りホテル内のクラブや飲食店などそう使っては貰えない。そもそも部屋にある冷蔵庫など空になることなどまずない。ところが、保険会社の団体となると、何と言っても普通の4人部屋に6人でも場合によっては8人でも詰め込める。大宴会はつきものだし、クラブもラーメン屋も寿司屋も大繁盛は間違いない。
 例えばラーメン一杯1,000円でも1,500円でも部屋のサインでOKだから、とにかく人さえ入ってくれれば高い安いは関係なし。もちろん、これにビールだ、餃子だとなると、一人単価は跳ね上がるという寸法。

 まあ、招待旅行というだけあって、招待されたセールスは自腹を切るところはほとんどない。ラーメンにしても、わたしたちは宮崎取締役の「ここのラーメンは俺の奢りだ」ということで、「美味しかったです。ありがとうございました。」で済んでしまう。
 もっとも、ホテル側も通り一遍の仕掛けでは、次の招待旅行には使って貰えないから、宴会の最中に「マグロの解体ショー」をやってそれをみんなに振る舞ったり、今回の「ホテル日光一番」の場合など、美人女将が舞台の裾で「お竜さん」並の挨拶をしたり・・・。

 「みなさま、本日は数ある日光のホテルの中でも由緒ある当ホテル日光一番においでいただきまして誠にありがとうございます。日頃のみなさまのご活躍に益々磨きが掛かりますよう今日は日光名物の『幻のどぶろく日光一番』をご賞味いただきたいと、私と今日の料理を誠心誠意調理させていただきました料理長からここにお持ち致しました。」
 和服姿できりりとしまった口上とともに、一升瓶数本が並べられ、早速浜田支社長が名指しで舞台の上に呼ばれると、直径30センチもあろうかと思われる焼き物の大杯にどくどくとその幻のどぶろくが注がれる。
 「こりゃぁ、うまい!」
 そして大杯を持って上座の方から注いで回るんだけど、そのたびに「これはうまい!」と歓声があがる。今流で言えばイケメンの料理長は、年配の女性に恭しく注いでいく。

 「みなさま、おいしいどぶろく、如何でしたでした。もう一杯欲しいという方もいらっしゃるでしょうが、この『どぶろく日光一番』は門外不出のお酒でして、当ホテルでしか販売しておりません。噂では駅の近くの酒屋さんでも売っているという話も聞いたことがありますが、もし、ご主人様やお客様にぜひ飲ませてあげたいという方は、明日の朝、フロント横の売店で限定50本用意させていただきますので、どうぞお買い求め下さい。あら、いつの間にか宣伝になってしまいましたわ。」
 と、上品に笑うと、間髪入れずに、
「よしッ、買って帰るぞ。」
 かけ声が入り、どっと沸く。すかさず、
「ありがとうございます。実は私ども家族全員、生成生命様の『家族ハッピーハッピー保険』に加入させていただいております。これも何かのご縁、今後ともなにとぞご贔屓にお願い申し上げます。」

 こうなると、もう爆笑と拍手の渦。このウィットに富んだそつない挨拶も、ちゃんと女将は計算尽くで、明朝の「お土産の売上げ」をさりげなく誘っている。実は、この「お土産」の売上げがホテルにすると馬鹿にならない。セールスのお客の数に比例して「お土産」は売れるからなの。少なくとも一人何千円から多いと何万円も買ってくれる上得意客に変身するの。もちろん、宅配便で送るから段ボール箱が何十箱もフロントには翌朝積み上がることになる。

 ところで、一人5万円の招待旅行の経費、どこからでるの・・・。関係ないこととはいえ少し気になる・・・。強引さんと深夜の露天風呂に入り、自分の寝る部屋にそっと入ったんだけど、どうしてテレビだけが!

 ● 次回も読みたい方は幸運を呼ぶクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/rank1524-0.html>人気blogランキングへ</A>

■  <生命保険物語=第21話=>■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 部屋は暗かったんだけど、人の気配がする。もちろん5人が雑魚寝しているはず。そっとドアを開けると、床の間近くのテレビに5人が釘付けになってる・・・。思わずその画像を見て「あっ!」と立ちつくしたの。何とアドルトビデオなの。
「わかばさん、あーら、いいとこにお帰りねえ。」
 まだ年はわたしより若いんだけど、これまでクラブに勤めていたとかで男あしらいがうまい明美ちゃんが振り返りながら言う。もうすっかり目が据わってる。
「さあ、もう今夜の勉強はおしまい。」
 今度の旅行ではこのグループで最年長の青木さんが言うと、渋々布団を敷くために壁際に寄せたテーブルに集まる。

「でもさ、みんなよく来れたねえ。」
 青木さんが口を切ると、それぞれが旅行入賞までのいきさつを語り始めたの。
「実は、主人と私と友達が一緒に入ったことで、入賞しちゃった。」
「そんならまだいいわよ。増員してくれた先輩が、あんたも行きたい?って聞くもんで、そりゃあ行きたいです、って言ったら足りなかった1件を付けてくれて、おめでとう、入賞って」
 やおら明美ちゃんが私の前にビールをもってきたの。
「私がこれたのは、わかば先生のおかげ。」
 恭しくビールを注ぐ。

「あれ、あれを分けてもらったの」
「何よ、あれ、あれって」
「何とか定期・・・えーと」
「あっ、それ違うよ。ちゃんと明美ちゃん自分でもやったんだから」
 会話がかみ合わない。

 月が変わった2日か3日、セーヌセンターで月末〆切の申込書類などの整理を済ませ、何となく手持ちぶさただったところへ、明美ちゃんが、時間があるなら飛び込みしません?と誘いかけてきたの。
 暇をもてあましていたこともあり、それじゃあ、飛び込みしようか、とほんの軽いノリで歩いて行けるオフィスが固まって入っている雑居ビルに手当たり次第に飛び込んだんだけど・・・。

 ところが、ウソみたいな話。飛び込み一発で「団体定期保険」が取れてしまったの。もちろんわたしも明美ちゃんも見たことも食べたこともない・・・つまり、何も知らない保険。でもこういうとき、わたしは結構それらしく説明してしまう。
「え、えー、そうです。はい。はい。はい」
 と、研修で習いたてのおぼろげな知識で返事をしていると、
「じゃあ、それで契約するから、手続きして。」
 と、専務の奥様が返事したの。
「それでは、明日書類をお持ちしますのでよろしくお願いいたします。
 と、飛んで帰ったんだけど、これが「団体定期保険」という代物で、しかもここからてんやわんやの騒動が起きたの。

 ● 次回も読みたい方は幸運を呼ぶクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/rank1524-0.html>人気blogランキングへ</A>

 

|

生命保険物語=第19話=

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
● 保険評論家・大地一成の保険情報ネット配信中! 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ HP「生・損保の真実」→ http://homepage2.nifty.com/i_daichi/  
■ 『ブログ・かわら版』→ http://blog.goo.ne.jp/daichi2--6/   
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■ 生命保険会社の裏側が続々と・・・!これはホントうぅ・・・?

 「ラーメン屋うまか」をでると、強引さんが、
「さあ、部屋で3次会よ。」
 と、わたしの腕を引っ張る。もう、少しは眠たいのだけど今日の出来事が頭の中で混乱していて、とても寝付けるような気分じゃあない。

「ねえ、ねえ、どうやら宮崎取締役と金満部長、まだうまくいってるみたいね。」
 部屋に入るなりこう切り出したのは、品川支部の入社10年目の新人、噂好さん。
「そりゃあ、あんた、そう簡単には分かれられないわよ。」
 地獄耳さんが自信たっぷりにのたまう。
「今でも、会社近くの飲み屋でデートしてるって言うじゃない。」
「えっ?会社近くでえ」
 強引さんも話しに乗ってきたけど、わたしが宮崎取締役とぶつかった日もひょっとしたら、二人はデートだったのかしら・・・。
「ねえ、ねえ。それでこれからどうなるの。二人は?」
「まったく、年取った新人は五月蠅いねえ。」
 と、つがれたビールをグイと一口飲み込むと、地獄耳さんは目を閉じて、
「二人の後ろ姿には秋風が吹いていま~す・・・。」
 占い師調で、声高に言うと、
「ま、大人の恋だから、下々(しもじも)がとやかく言うことでもないし。」

 さすが、大人。案外あっさりと話題が変わったの。入社10年目で新人呼ばわりされた噂好さんは少し不満げだけど、この入社20年クラスのメンバーにはいると、それ以上は聞き出せない。

 お菓子や果物を食べながら、矛先は当然のように銭木場さんに向く。
「でも、あんたの病気も困ったもんだねえ」
「危うく、古葉クンの人生、狂わすとこだったわよ」
「まったく、毎回世話が焼けるよ」 
 口々に銭木場さんをののしるんだけど、本人はもう寝たふりして返事もしない。
 なんだか、変な感じ。

「でもさあ、今日の料理、まあまあだったねえ」
「そうそう、前の時のパーティーの中華料理は酷かった」
 どういうわけか、食べ物になると話が盛り上がる。
「でも、平成生命って、凄いんですねえ。」
やや、おそるおそる、みんなのプライドをくすぐるような問いかけをしてみたの。

「そりゃあ、儲かってるんだもの。これくらい当然よう。」
「一人あたり、5万円は掛かってるねえ。」
地獄耳さんは自信ありげに言う。
 とすると、100人で500万円、200人で1,000万円・・・350人で・・・えーい、面倒。
 とにかく、凄いお金を使ってることだけは分かったんだけど、誰もそのお金の出所までは分からないみたい。まあ、当然だけど。そんなこと、関係ないし。でも偶然だけど、こんな招待旅行の費用の出所を知ることになるの。ふふっ。                                 

● 次回を読みたい方はクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/link.php?229523">人気blogランキングへ</A> 

|

生命保険物語=第18話=

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
● 保険評論家・大地一成の保険情報ネット配信中! 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ HP「生・損保の真実」→ http://homepage2.nifty.com/i_daichi/  
■ ブログ「保険・かわら版」→ http://blog.goo.ne.jp/daichi2--6/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■ お持ち帰り中の「古葉クン」の危機?!

 「全くしょうがない奴だなあ」
 と宮崎取締役がこぼす時には、実は古葉クンは銭下場さんと同じ部屋にいたらしいの。だいたい保険会社の招待旅行は、同じ支部どうしのメンバーが同じ部屋に雑魚寝なんだけど、銭下場さんも品川支部の6人部屋だったの。
 他の5人が二次会場からかいた汗を流そうと温泉に行くのを確かめ、
「ねえ、古葉クン。手伝ってくれない?」
 と、どうやら自分たちの部屋に連れ込んだみたい・・・。

 何しろ、男性部隊が新目黒支社へ行ってしまうと、品川支社の契約の依存度が高まる品川支社のメイン6人のお泊まりの部屋。折角の招待旅行で気分を害されたのではこれからがやっかいと、
「任してください。銭下場さんのためなら、例え火の中水の中、喜んで。」
 と、鼻歌交じりで部屋に入ると、どうやら銭下場さんがいきなり抱きついてきたらしい。
 
 でも、銭下場さんの下心を見透かしていたかのように5人の内の強引さんと地獄耳さんの2人が部屋に戻ってみると、カギが掛かり中からは「ドタン、バタン」と音が。
「銭下場さん、開けなさい。もう、逃げられないぞ!観念して出てきなさい。」
 の声に古葉クンは危うく年齢不詳の女性の手から無事脱出できたらしい。

「何だ、古葉!おまえ口紅だらけじゃねえか。」
3次会会場となった「ラーメン屋うまか」に這々の体で辿り着いた古葉クンは、しどろもどろで、宮崎取締役の言うとおり、頬から浴衣まで口紅の後がべたべた。

 これも深夜、銭下場さんが寝息をかいている隣で聞かされたんだけど、こんなことは招待旅行では毎度のことでみんな「銭下場さんの病気」とからかっていたの。でもよく聞いていると、何年か前にはうまくいったことがあるらしい。旅行から帰ると銭下場さんのプレゼント攻勢に相手の”青年”もまんざらでもなかったらしいけど、支社内勤の特権である日、銭下場さんの履歴書を見て、その足で支社長に転勤を直訴したという。

「オイ、古葉。今夜のことは俺の胸に終まっとくから、今夜は朝までつきあえ。」
「いえ、いえ。僕は何も・・・。」
「分かってる、分かってる。さあ、みんな飲み直しだ。」

 でも、わたしも見たの。
 宮崎取締役が金満部長の「もう、食べきれないわ。」と残したラーメンを、
「瑞恵ちゃんのラーメンは味噌味か、どれどれ。」
 とばかりに、半分も残しているのをさらりと平らげてしまったの。
 金満部長を瑞恵ちゃんと呼ぶ宮崎取締役はかなり酔いが回っていて、そのときは単なる悪のり?と思ったりしていたんだけど・・・。
 地獄耳さんの話を聞いて「保険会社は人生の縮図」よう・・・という強引さんの言い方に妙に納得させられる夜になろうとは。

● 次回を読みたい方はクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/link.php?229523">人気blogランキングへ</A> 

|

生命保険物語=第17話=

=第17話=  東大クンが・・・お持ち帰り・・・されるう!

 2次会会場「シンフォニー」はまだ閑散としていたけど、さっきの宴会場からすると静かでひんやりしている。ステージから広いフロアーの先に7,8人は座れるような丸いテーブルが20個くらい並んでいる。

 会場の壁際には飲み物コーナーが。宮崎取締役がズンズン歩いていってステージの真ん前の真ん中のテーブルに”どかっ”と座ったの。その堂々としたそして少しお茶目っぽい座り方にこれまでの悶々としてた雰囲気が吹き飛んだ感じ。

 くすくす笑いながら金満部長と5人は一緒のテーブルに腰かけると、
「皆さん、何にされます?」
 見上げると、先ほどの古葉クンがウェイターみたいに立っていたの。
「オイ、古葉、ビールだ!」
 と、宮崎取締役が言うと、少しにやけた古葉クンが、
「分かりました。ビールはホットにしますか、それともコールドに・・・」
「そりゃあ、あんなもんを見せつけられた後にホットはねえだろう。」
「支社長・・・じゃあない、宮崎重役、お下品な!」
 金満部長の子供を叱るような言い方に、ようやく5人もリラックスしてきて・・・。

  本物のウェイターの人が、チーズやピーナッツなどのつまみをテーブルに運んできたころには、「シンフォニー」もどんどんテーブルが埋まり、ステージにもバンドが入りアップテンポのメロディーを流していたの。

「わかばクン、踊ろう。」
 宮崎取締役が手を差し出したのを合図にするように、セーヌセンターの他の4人にもどこから表れたのか、男性が手を差し出していたの。
「わたし・・・踊りなんてぇ・・・」
 小声で囁いている間もなくごつい手に引っ張られるようにフロアーに立ったのだけど・・・。

 バンドは、わたしでも知っているような、ゴーゴーみたいなものからモンキーダンスみたいなのが連続する内にだんだん踊り方にも慣れてきて、周囲を見渡すといつもは厳しい顔をしている品川支部のベテランセールスのおばさま達が、踊っているう・・・おかしい、ぷっ。
 もうフロアーは顔も分からないほど薄暗くなって、ステージだけがやけに明るい。もう、汗びっしょり。結構、女性もホテルの名前が染め抜かれた浴衣できているんだけどもう裾がはだけてもお構いなしの雰囲気。
 
 しばらくして、急にバンドの演奏がバラードに変わったの。もう、宮崎取締役はどこにいるかもわからないままにきょとんとしていると、目の前にいた男性が、
「お願いします。」
 と、頭をぴょこんと下げてきたの。
 わたし、ステップも何もわからないまま見よう見まねで手を相手の腰に回し、その場に会わせたのだけど、薄暗い中で見てしまったの。
 古葉クンが、品川支部のいつも成績が良くて支社の3位から落ちたことがない銭下場さんにしっかりと抱きしめられているのを。あれはどうみても古葉クンは離れたがってるようにしか見えない。それを「離すものか」とばかりに太い二の腕でがっちり掴んでいる・・・。
 そして、もう一組のカップル・・・宮崎取締役と金満部長!暗いからよく見えないんだけど金満部長、宮崎取締役の胸に顔を押しつけているように見えるんだけど・・・。

 二次会が終わり、三次会のホテルの中にある「ラーメン屋うまか」にわたし達は流れ込んだんだけど、宮崎取締役の、
「古葉、古葉」
と、探し始めたことから、事態は思わぬ方向へ進展し、まさかこんなことが起きるんだあ・・・と絶句! 

● 次回を読みたい方はクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/link.php?229523">人気blogランキングへ</A> 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★ 保険評論家 大地一成PR

●『生・損保の真実』HP→ http://homepage2.nifty.com/i_daichi/
 
 ○ 「会議室」がこのHPのメインです。また「毎月2号発行の『保険・かわら版』」の購読者を現在「かわら版」のところで募集しています。

●『ブログ・かわら版』→ http://blog.goo.ne.jp/daichi2--6/

続きを読む "生命保険物語=第17話="

| | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »