« 生命保険物語=第16話= | トップページ | 生命保険物語=第18話= »

生命保険物語=第17話=

=第17話=  東大クンが・・・お持ち帰り・・・されるう!

 2次会会場「シンフォニー」はまだ閑散としていたけど、さっきの宴会場からすると静かでひんやりしている。ステージから広いフロアーの先に7,8人は座れるような丸いテーブルが20個くらい並んでいる。

 会場の壁際には飲み物コーナーが。宮崎取締役がズンズン歩いていってステージの真ん前の真ん中のテーブルに”どかっ”と座ったの。その堂々としたそして少しお茶目っぽい座り方にこれまでの悶々としてた雰囲気が吹き飛んだ感じ。

 くすくす笑いながら金満部長と5人は一緒のテーブルに腰かけると、
「皆さん、何にされます?」
 見上げると、先ほどの古葉クンがウェイターみたいに立っていたの。
「オイ、古葉、ビールだ!」
 と、宮崎取締役が言うと、少しにやけた古葉クンが、
「分かりました。ビールはホットにしますか、それともコールドに・・・」
「そりゃあ、あんなもんを見せつけられた後にホットはねえだろう。」
「支社長・・・じゃあない、宮崎重役、お下品な!」
 金満部長の子供を叱るような言い方に、ようやく5人もリラックスしてきて・・・。

  本物のウェイターの人が、チーズやピーナッツなどのつまみをテーブルに運んできたころには、「シンフォニー」もどんどんテーブルが埋まり、ステージにもバンドが入りアップテンポのメロディーを流していたの。

「わかばクン、踊ろう。」
 宮崎取締役が手を差し出したのを合図にするように、セーヌセンターの他の4人にもどこから表れたのか、男性が手を差し出していたの。
「わたし・・・踊りなんてぇ・・・」
 小声で囁いている間もなくごつい手に引っ張られるようにフロアーに立ったのだけど・・・。

 バンドは、わたしでも知っているような、ゴーゴーみたいなものからモンキーダンスみたいなのが連続する内にだんだん踊り方にも慣れてきて、周囲を見渡すといつもは厳しい顔をしている品川支部のベテランセールスのおばさま達が、踊っているう・・・おかしい、ぷっ。
 もうフロアーは顔も分からないほど薄暗くなって、ステージだけがやけに明るい。もう、汗びっしょり。結構、女性もホテルの名前が染め抜かれた浴衣できているんだけどもう裾がはだけてもお構いなしの雰囲気。
 
 しばらくして、急にバンドの演奏がバラードに変わったの。もう、宮崎取締役はどこにいるかもわからないままにきょとんとしていると、目の前にいた男性が、
「お願いします。」
 と、頭をぴょこんと下げてきたの。
 わたし、ステップも何もわからないまま見よう見まねで手を相手の腰に回し、その場に会わせたのだけど、薄暗い中で見てしまったの。
 古葉クンが、品川支部のいつも成績が良くて支社の3位から落ちたことがない銭下場さんにしっかりと抱きしめられているのを。あれはどうみても古葉クンは離れたがってるようにしか見えない。それを「離すものか」とばかりに太い二の腕でがっちり掴んでいる・・・。
 そして、もう一組のカップル・・・宮崎取締役と金満部長!暗いからよく見えないんだけど金満部長、宮崎取締役の胸に顔を押しつけているように見えるんだけど・・・。

 二次会が終わり、三次会のホテルの中にある「ラーメン屋うまか」にわたし達は流れ込んだんだけど、宮崎取締役の、
「古葉、古葉」
と、探し始めたことから、事態は思わぬ方向へ進展し、まさかこんなことが起きるんだあ・・・と絶句! 

● 次回を読みたい方はクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/link.php?229523">人気blogランキングへ</A> 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★ 保険評論家 大地一成PR

●『生・損保の真実』HP→ http://homepage2.nifty.com/i_daichi/
 
 ○ 「会議室」がこのHPのメインです。また「毎月2号発行の『保険・かわら版』」の購読者を現在「かわら版」のところで募集しています。

●『ブログ・かわら版』→ http://blog.goo.ne.jp/daichi2--6/

 

|

« 生命保険物語=第16話= | トップページ | 生命保険物語=第18話= »

「保険」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17380/598150

この記事へのトラックバック一覧です: 生命保険物語=第17話=:

« 生命保険物語=第16話= | トップページ | 生命保険物語=第18話= »