« ■生命保険物語■=第22話= | トップページ | ★大地一成の・ブログ保険塾★開講準備中! »

■生命保険物語■の読み方

● 最近の物語は1ブースに2話ずつ書いてあります。直近は「第22話・第23話」です。順次、第1話からも修正中ですが、当分「工事中!」が続くと思われますので、申し訳ありませんが気をつけてお通り下さい。

● 次回も読みたい方は幸運を呼ぶクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/rank1524-0.html>人気blogランキングへ</A>

(緊急告知) 現在、クリック数が0のためと、わかばさんの健康状態がすぐれないため当分の間掲載を見合わさせて頂きます。ご購読ありがとうございました。 

★ 政治家物語 ★

都内某所にて。

A「おい、遂に東澤の名前を出してしまったが、大丈夫か」
B「大丈夫です。東澤の前にまだ2,3かませてありますから・・・。それに4日は出てきませんからこの中途半端な状態が当分続きます。」
A「東澤がこのカラクリに気付く可能性は?」
B「ここに至って何かやらされたということはいくら何でも気付いているでしょうが、今更あいつが何を言っても誰も信用せんでしょう。もっとも、不用意にしゃべるようならそれが何を意味するかぐらい承知しているはずです。それでもここまで辿り着くのは100年掛かっても無理です。」
A「それにしても、よく引っかかってくれたねえ。」(苦笑)
B「まあ、最初は永池の失言程度で矛先を鈍らすつもりだったのが、支持率まで上げてくれましたから、安い投資でした。」
A「瓢箪から駒だが、しかし、あのメールが偽と永池は気が付かないとは、余程お粗末だねえ。」
B「いやあ、驚かされたのはあんな贋作に嵌った永池をいつまでも庇った主民党の幹部ですよ。後原はもう少し賢いかと思ったが処理能力ゼロ、山田は東澤と臭い約束をしているのと葉千の選挙もありキズを付けないよう早めに前線から引っ込めたが、残る鳩海では党を引っ張るのは無理。まあ、所詮ぼんぼんですから。」
A「ところでよく渡辺さんが国家対策委員長を引き受けたなあ。」
B「あれは、苦労しました。内のユダがかなり難儀したらしいです。」
A「しかし、あのコマが立たなかったのはおかしかったなあ。」
B「どうも、あれも事前に仕掛けられていたようですよ。あれは出荷する前に必ずチェックするらしいんです。ところが、1個だけ不良品が混ざった。渡辺さんが自分がそれをとって笑いを取るつもりが、何の弾みか後原のところにいった。」

A「永池は辞めるなんて言わないだろうねえ。」
B「ユダがしっかり頑張らせていますから、大丈夫です。ここで恥を偲んで頑張ってもう1回爆弾発言すれば、今回のことなどみんな忘れてしまう。今が頑張りどころだって耳打ちしていますから。」
A「しかし、変だと思わんのかねえ。」
B「これは永池の理解しがたいところなんですが、君を主民党のほとんどは期待しているんだよ、というと、どうもそれを間に受けているようで・・・。」
A「おめでたい奴だ。しかし、内の人選はズバッ!と的中したわけだ。」
B「でも、さすがに即座に”ガセネタだ!”には一瞬肝を潰しましたよ。」
A「いやあ、余りにも見事に嵌ったのでねえ。感動したんだよ。」
B「4点セットをうやむやにしてしかも9月までだらだらやれる代償として1億で済むんですから、これは笑いが止まりません。」
・・・・・
外には桜の花がちらちらと・・・。

*現在、似たような話もあるようですが、これは都内某所でのフィクションです。念のため。

● 次回も読みたい方は幸運を呼ぶクリックを! → <A HREF="http://blog.with2.net/rank1524-0.html>人気blogランキングへ</A>

   

|

« ■生命保険物語■=第22話= | トップページ | ★大地一成の・ブログ保険塾★開講準備中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■生命保険物語■=第22話= | トップページ | ★大地一成の・ブログ保険塾★開講準備中! »